民法判例百選 掲載 判例 5

わずか3日で1000人以上の受講者を集めました。 未だに公開したことがありません。 これまでの司法試験の出題分析をしたエクセルシートを持っていました。 判例知識の9割以上が判例百選から出題されているのです。 新規六法の購入費用に充てていきます(笑), 国家公務員総合職合格者。法学部の学生に向けて有用な情報を提供したいと思っています。 しかも、横断的な理解が必要な部分には、 ブログで判例百選出題ランキングを作成しブログ上で発表していました。 Copyright © 2020 BEXA All rights reserved. 親族が亡くなりました。 私は相続人なの? 今回は、そんなお話です。   photo credit: QUERHOCH waiting for the sunset via photopin ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.77 金銭所有権 (最高裁昭和39年1月24日) 今回は、「金銭所有権」の判例です。 「金銭所有権」。。? どのような議論なのでしょう?   photo cr ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.76 共有物分割の方法~全面的価格賠償 (最高裁平成8年10月31日) 今回は、「共有物分割の方法~全面的価格賠償」というお話です。   Photo by S ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.75 共有者の一人による 不実登記の抹消手続請求 (最高裁平成15年7月11日) 今回は、「共有者の一人による不実登記の抹消手続請求」の判例です。 《共有物について実体 ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.74 共有者相互間の明渡請求 (最高裁昭和41年5月19日) 今回は、「共有者相互間の明渡請求」というお話です。 《共有者の一人が、共有物を単独で占有する場合》に、他の ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.73 建物の付合‐賃借人のした増築 (最高裁昭和44年7月25日) 今回は、『建物の付合-賃借人のした増築』です。 いわゆる「建物増改築紛争」のお話です。   ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.72 建築途中の建物への第三者の工事と 所有権の帰属 (最高裁昭和54年1月25日) 今回は、「建築途中の建物への第三者の工事と所有権の帰属」の判例です。 具体的には、 ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.71 分筆後の残余地の特定承継と 袋地所有者の通行権 (最高裁平成2年11月20日) 今回は、「分筆後の残余地の特定承継と袋地所有者の通行権」というお話です。 〈分筆後 ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.69 民法194条に該当する善意占有者の 使用収益権 (最高裁平成12年6月27日) 今回は、「民法194条に該当する善意占有者の使用収益権」というお話です。 関係する ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.68 占有改定・指図による占有移転と 即時取得 (最高裁昭和35年2月11日) 今回は、「占有改定・指図による占有移転と即時取得」です。 〈現実の引渡しのない、意思表示 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.64 相続と民法185条にいう「新たな権原」 (最高裁平成8年11月12日) 今回は、『相続と民法185条にいう「新たな権原」』というお話です。 《他主占有者の相続人が ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.63 占有~法人の代表機関 (最高裁昭和32年2月15日) 今回から、占有権です。 今回は、〈法人の占有が認められる場合に、実際に物を所持している代表機関個人にも占有が ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.62 明認方法 (最高裁昭和36年5月4日) 今回は、明認方法です。 不動産物権変動の公示方法は、登記でした。(177条) 動産物権譲渡の公示方法は、引渡しです。(17 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.61 民法178条の引渡し~占有改定 (最高裁昭和30年年6月2日) 今回は、動産物権変動、178条の「引渡し」~占有改定です。 内容としては、ごく当たり前の知識の、確 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.60 登記のない地役権と承役地の譲受人 (最高裁平成10年2月13日) 今回は、「登記のない通行地役権」を「承役地の譲受人」に対抗できるか? そんなお話です。 地役権? ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.59 民法177条の第三者~不法占拠者 (最高裁昭和25年12月19日) 今回も、「民法177条の第三者」です。 不法占拠者が「第三者」にあたるか?   ph ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.58 民法177条の第三者の範囲(2) 背信的悪意者からの転得者 (最高裁平成8年10月29日) 「民法177条の第三者の範囲」のお話。 今回は、その第二回。 「背信的 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.57 民法177条の第三者の範囲(1) 背信的悪意者 (最高裁平成18年1月17日) 「民法177条の第三者の範囲」のお話。 今回は、その第一回。 「第三者」が背信的悪 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.56 共同相続と登記 (最高裁昭和38年2月22日) 今回は、〈共同相続と登記〉です。   Photo by Maarten Deckers on Unspl ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.55 時効取得と登記 (最高裁昭和46年11月5日) 今回は、〈時効取得と登記〉です。 〈時効取得と登記〉とは、例えば、「Aが甲土地を所有していたところ、権限の無いXが ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.54 解除と登記 (最高裁昭和35年11月29日) 今回は、〈解除と登記〉です。 〈解除と登記〉とは、例えば、「甲から乙へ不動産が譲渡され、登記も乙へと移転、その状況で ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.53 法律行為の取消しと登記 (大審院昭和17年9月30日) 今回は、〈法律行為の取消しと登記〉です。 〈法律行為の取消しと登記〉とは、例えば、「XからYへ不動産が譲渡 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.52 民法177条の物権変動の範囲~一般論 (大審院明治41年12月15日) 今回は、『民法177条の物権変動の範囲』についてのお話です。   photo c ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.51 特約によらない中間省略登記請求権 (最高裁昭和40年9月21日) 今回は、中間省略登記のお話です。 中間省略登記とは、例えば、P→Q→R の順に物権変動があったと ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.50 物権変動の時期 (最高裁昭和33年6月20日) 今回は、「物権変動の時期」です。 ここも、諸説あるところですけど、判例でいきましょう。 実務は判例で動いています。 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.49 物権的請求権の相手方~土地上の建物を譲渡後も登記名義を保有する者 (最高裁平成6年2月8日) 今回は、「物権的請求権の相手方」は誰?というお話です。   ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.48 土地崩壊の危険と所有権に基づく 危険防止請求 (大審院昭和12年11月19日) 今回から、物権ですね。 今回は、「所有権に基づく物権的妨害予防請求権」を初めて一般 ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.47 賃借権の時効取得 (最高裁昭和62年6月5日) 今回は『賃借権の時効取得』のお話です。 163条「所有権以外の財産権」の時効取得。 ここに〈賃借権〉が含まれるか? ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.45 前主の無過失と10年の取得時効 (最高裁昭和53年3月6日) 今回は、「前主の無過失と10年の取得時効 」というお話です。   photo credit ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.44 自己の物の時効取得 (最高裁昭和42年7月21日) 今回は、「自己の物の時効取得」です。 「自分の所有物を時効取得する?」意味ないですよね。 その意味のないことを ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.43 消滅時効の起算点-じん肺罹患による損害賠償請求権 (最高裁平成6年2月22日) 今回は、消滅時効の起算点です。 じん肺罹患による損害賠償請求権の消滅時効の起算点は ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.42 時効完成後の債務承認 (最高裁昭和41年4月20日) 時効が完成した場合《完成を知った》時効援用権者がとる態度は2つ。 「時効援用権を行使して時効の利益を受けるか ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.42 時効の援用権者 (最高裁平成11年10月21日) 今回は、「時効の援用権者」のお話です。 時効を援用できる「当事者」(145条)について、最高裁として新たに否定例 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.40 時効援用の効果 (最高裁昭和61年3月17日) 今回は、「時効援用の効果」をめぐる諸説のお話です。   photo credit: Natalia Me ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.37 無権利者を委託者とする販売委託契約の所有者による追認の効果 (最高裁平成23年10月18日) 今回は、前回の「他人の権利の処分と追認」で押さえた基本知識を、「無権 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.38 他人の権利の処分と追認 (最高裁昭和37年8月10日) 今回は、「非権利者による処分の追認」というお話です。 (no.37は次回に扱います)   pho ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.36 無権代理人の本人共同相続 (最高裁平成5年1月21日) 今回は、「無権代理人の本人共同相続」というお話です。   photo credit: James ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.35 本人の無権代理人相続 (最高裁昭和37年4月20日) 今回は、「本人の無権代理人相続」というお話です。   photo credit: James Wh ... 今回は、この時期にありがちな、勉強はやってるけど実力がついている実感を全く感じられない、「大丈夫かオレ(わたし)。。」と少々不安気味になっている、そんな受験生のあなたへ、僕のおもうことを書いてみようと ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.34 無権代理人の責任 (最高裁昭和62年7月7日) 今回は、「無権代理人の責任」のお話です。 117条というひとつの条文の知識ではありますけど、これだけで一問作れるほ ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.31 代表理事の代表権の制限と民法110条 (最高裁昭和60年11月29日) 今回も、110条です。 タイトルをみると、「代表理事」という単語が気になりますよね。 今回 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.30 民法110条の正当理由の判断 (最高裁昭和51年6月25日) 今回も、110条です。 第三者の要件「代理人の権限があると信ずべき正当な理由」の判断についてのお話で ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.29 民法110条の基本代理権~事実行為 (最高裁昭和35年2月19日) 今回も、表見代理です。 民法110条の適用要件「基本代理権」についての判例です。 110条の「 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.33 民法110条と112条の重畳適用 (大審院昭和19年12月22日) 今回も、重畳適用です。 「代理権消滅後の越権代理」の事案です。 112条だけでは処理できない。 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.32 民法109条と110条の重畳適用 (最判昭和45年7月28日) 今回は「109条と110条の重畳適用」です。 重畳適用とは、「重ねて適用する」「二重に適用する」そ ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.28 外形信頼と民法109条等の法理 (最判昭和35年10月21日) 今回も、109条の判例です。   Photo by Alexandra Seinet o ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.27 白紙委任状と代理権授与表示 (最判昭和39年5月23日) 今回は、「民法109条:代理権授与表示」のお話です。 ケースを分けたり、一見すると複雑そうにみえますけど ... 民法判例百選Ⅰ[第8版] No.26 代理権の濫用 (最判昭和42年4月20日) 今回は、『代理権の濫用』です。 有名な論点ですね。   photo credit: Mimolalen Ko ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.25 意思表示の到達 (最判平成10年6月11日) 今回は、意思表示の到達です。 意思表示は、「相手方に到達した時からその効力を生じる」のが原則です。 つまり、意思表示 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.24 錯誤ー法律行為の要素 (最判平成元年9月14日) 今回は、錯誤のお話です。   photo credit: Southernpixel - Alby H ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.23 詐欺における善意の第三者の登記の必要性 (最判昭和49年9月26日) 今回は、96条3項の「善意の第三者」が保護されるためには、登記を備えることまで必要か?という ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.21~22 民法94条2項の類推適用 (最判昭和45年9月22日) 民法94条2項・110条の類推適用 (最判平成18年2月23日) 今回は、94条2項の類推適用のお話 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.18 内心の意思の不一致 (大審院昭和19年6月28日) 今回は、内心の意思の不一致です。 「民法をやっているなあ」そんな実感のする論点です。 ただ、とっても古~い判例 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.15~17 公序良俗違反(4)(5)(6) 今回も、『公序良俗違反』続きます。 3つの判例を、まとめてみてしまいましょう。   photo credit: b ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.12~14 公序良俗違反(1)(2)(3) 今回は、「公序良俗違反」の判例です。 3つの判例をまとめて、みてしまいましょう。   photo credit: ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.11 建築中の建物 (大審院昭和10年10月1日) 今回は、建築中の建物が「不動産となる時期」についての判例です。 「不動産となる時期」? なぜ、それが最高裁まで争われ ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.10 一筆の土地の一部についての取引 (大審院大正13年10月7日) 「一筆の土地の一部」は所有権の対象になりますか? はい、なります。 取引の対象になりますか? はい ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.8 権利能力なき社団の成立要件 (最判昭和39年10月15日) N0.9 取引上の債務 (最判昭和48年10月9日) No.75 不動産の登記名義 (最判平成6年5月3 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.7 法人の目的と団体の性質 (最判平成8年3月19日) 今回は、民法34条の基本判例です。 (法人の能力) 第三十四条  法人は、法令の規定に従い、定款その他の基本約款 ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.6 後見人の追認拒絶 (最判平成6年9月13日) 今回は、「後見人の追認拒絶」は可?というお話です。 難しそう?大丈夫です。 〈信義則の原則/例外パターン〉にすぎません ... 前回の判例では、民法に明文はないものの、「意思能力のない者の行為は当然に無効であること」「制限行為能力者制度による取り消しと意思能力の欠如による無効主張とはどちらも主張できること(いわゆる二重効)」を ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.5 意思能力のない者の行為 (大審院明治38年5月11日) 意思能力のない者の行為は無効である。 当然といえば当然のことを明言した、とても古いカタカナ文の判例です。 & ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.3 信義則-賃貸借契約の終了と転借人への対抗 (最高裁平成14年3月28日) 今回は、信義則の判例。賃貸借の事案です。 以前、『賃貸借契約における転借人の地位まとめ』と ... 民法判例百選Ⅰ[第7版] No.1.2 権利の濫用 1)宇奈月温泉事件 2)信玄公旗掛松事件 (大審院昭和10年10月5日) (大審院大正8年8月3日) 《権利の濫用》とは、「一見、正当な権利の行使に ... 新連載「民法判例百選全つぶし講座」を始めるにあたって、前提として、判例をどう扱えばよいのか?『判例の扱い方』についての、僕の考えを書いておこうとおもいます。   photo credit: ... 新しい連載を始めます。   photo credit: MTSOfan Just a Petal in the Wall via photopin (license)   以前の投 ... 初めての法律の勉強を始めるとき、最初に何をしますか? 入門講座の講義を受ける? うん、でも、その前に。。 講義の予習として、テキストを読む? いえ、その前に。。 ネットで勉強方法を調べまくる? いいで ... おそれるな! 今日、本試験問題を解き始めたあなたは、「やっぱり 難しいよ。。」そう感じるかもしれない。 おそらく、そう感じるとおもう。 でも、おそれてはいけない。   Photo by An ... 今回は、模試の結果が全然ダメだったあなたへ向けて、書いてみようとおもいます。 「逆転しちゃえばいいじゃん!本試験に受かったもん勝ちだよ!」僕の受験生時代に実践していた、直前期の一気仕上げ術です。 気持 ... 今回は、相続の基本中の基本、 相続人は誰と誰なのか? 相続人の相続分はどれほどなのか? について、書いてみようとおもいます。   Photo by Aaron Burden on Unspl ... 今回は、本試験が目前に迫った宅地建物取引士試験を受験する皆さんへ向けて書いてみようとおもいます。短期で宅建試験に一発合格を果たせた僕の経験が、直前のこの時期にあなたの役に立てることを祈って。 &nbs ... 今回は、相続に関するいくつかのお話です。   Photo by Marivi Pazos on Unsplash   ア)限定承認 民法の勉強量は、膨大です。親族/相 ... 今回は、不法行為に関するいくつかのお話です。   Photo by Tanalee Youngblood on Unsplash   肢ア、被害者側の過失ですね。 (損害賠償の方法 ... 今回は、「賃貸借契約における転借人の地位」について、書いてみようと思います。   photo credit: huub zeeman Amsterdam, Vijzelstraat - 20 ... 賃貸借契約のお話です。 「敷金の判例まで手が回ってないよ!」…   Photo by Mona Eendra on Unsplash   ただ、敷金の判例としては、 1)「賃借人の ... 無償契約という視点から各種契約の知識を横断的に問う問題です。 横断的に知識を問う問題では、一見すると「ここまで押さえないといけないの?」というような細かい条文知識の肢ばかりで、この手の問題は難しいと苦 ... 今回は、民法560~570条「他人物売買/数量指示売買/瑕疵担保責任/他 担保責任をモノにする方法」という、お話です。   Photo by Grégoire Bertaud on Unsp ... 譲渡担保(集合動産・集合債権譲渡担保)の判例について問う問題です。24年度民法の問題のなかで難易度の最も高い問題のひとつですね。 本問の判例を全部押さえている受験生はほとんどいないと思います。見たこと ... 今回は、「民法177条の「第三者」とは?」というお話です。 基本こそ正確に! 早速いってみましょう。   photo credit: peacay Turnierbuch du ... 今回は、《根拠の異なる3つの通行権と公示制度との関係》というお話です。   Photo by Brigita B. on Unsplash   囲繞地通行権 囲繞地通 ... 問題28、代理人と使者の比較に関する問題です。 基本的な問題ですね。 (初めて当ブログを訪れてくれた方、ありがとう。「はじめまして」の記事に、目を通してくださいね。"民法で点を拾う秘訣"が書かれていま ... 今回は、能力に関するいくつかのお話です。   Photo by Josh Bean on Unsplash   胎児の母の代理権 ここは、判例と学説の対立があって、学説まで真面目に ... スポンサーリンク 直前期受験生を応援するため、期間限定での本企画でしたが、 当時受けられなかった受験生からの要望に応え そのため、(新)司法試験に向けては、予備校の問題をやる前に、新司法試験と旧司法試験の過去問を解くようにしていました。, ある日、過去問を解いていると、1つのことに気付きました。 雨の中の不合格発表は今でも忘れません。 なんと、 条文を素読して、学説の論理的帰結を確認するだけです。, 実は、私は判例百選に掲載された各判決につき、 私はそう考えていました。 http://ameblo.jp/lawschool-life/entry-11932553454.html このプランを申し込む, 講義により、短答出題者が何を聞きたいのかを考えながら問題検討をするようになりました。そのせいか、得点も安定するようになりました。感謝です!, 元々の講義時間が短い上に、倍速で聞いてもとても聴きやすいので時間があまりない人におすすめです。この講座を受講してから憲法短答で迷うことが少なくなりました。最高裁の考え方や判例の理解の仕方が学べるとても良い講座だと思います。, 弁護士(富山県弁護士会)・大阪大学大学院高等司法研究科 非常勤講師・広島大学法科大学院 客員准教授・関西大学法科大学院 非常勤講師。慶大院修了・法務博士(専門職)。.

ĸ学生 Âプリメント Ãイエット 4, Notimegg Ljの背中 Ȅ退 ǐ由 4, Áどり Ãログ ĸ婦 24, Âクシオ ň代 Âイアン 5, Ãッツノート ɛ源ランプ ƶえない 7, So 02j Ãイスレコーダー 5, ĸ太郎 Áし袋 ō刷 11, Wbgt Ȩ算式 Âクセル 4, ǭまめ 21 ů応os 5, Summary Âャニーズ ƛ 46, ƕ科書 Ƥ定 2020 4, Ãニラvisa Kyash Ãャージ 7, Ãラクエ10 Áぐさ Âり方 11, Wrx S4 Cvt油温 7, Áいたま市見沼区 Âクシー ȿ車 DŽ料 6, Vba lj定文字 ȡ挿入 5, Sqlplus Echo Off Ŋかない 5, Python Opencv Ãーフィング 4, Ãングマガジン ɛ子版 Ɂい 10, Ȼ ɛの後 ư洗い 5, Ļ王2 Âャラクリ Áとめ 34, Ãラクエ3 3ds Ãウンロード Âり方 20, Áさぎ Ȁ lj方だけ 9, Sixtones Snowman Áっちが人気 47, Viper Ƅ味 Âラング 6, Ãリカラ Ɯ目 ƺ不燃 9, ĸ身の入ったスプレー缶 ś収業者 Ɲ京 11, Ãワイトサービス ĸ用品回収 ŏコミ 6, Ő皮 Áわ取り Ãライヤー 7, Tern Verge N8 Ãログ 14, Ɯの ĸ Ƀ Twitter 4, Ãウリング ś転 Áからない 44, Ãンドリ Ãセマラ ǵわらない 4, Ǿ容 Ãラージュ Ãランチャイズ 4, Ů建 Ȑちた 2ch 5,

Leave a Comment

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd. Vereiste velden zijn gemarkeerd met *