imovie 動画 表示されない 6

 まず、プロジェクトが選択されていないか、または存在しない場合は2分割で表示されます。プロジェクトを作成・選択すると、そのプロジェクトの内容を表示する必要から、新しい欄が出てきて3分割になるのです。, ライブラリからイベントを選択すると、プレビューが上の段にあって、下にイベントの中身が表示された状態になりますね。下の欄は「イベントブラウザ」と呼びます。そして、プロジェクトを作成・選択すると、プロジェクトの中身を表示する欄が現れるわけです。この欄を「プロジェクトブラウザ」と呼びます。 今回は、iMoveを使用するなら知っておきたい、基本的なメニュー4つについてご紹介します。 Macを使用しているけれど実はiMovieをまだ使用したことのない、という方や、使ってみたいけれど操作方法が分からない、という方は、本記事を参考にまずは基本操作を覚えてみてはいかがでしょう …  下のほうは、プロジェクトを選択したときに登場する欄です。これは、編集中のプロジェクトの中身を見るところです。   ※変更できる角度は90℃単位(90℃、180℃、270℃)です。, 動画の始まりと終わり部分の黄色い線が太くなっているので、動画の始まり、もしくは終わり部分を中央の白い縦線に合わせてください。, 白い縦線と動画の始まりの黄色い部分が交わっている箇所を指で触りスライドさせると動画の長さを調整できます。, 続いてカットしたい箇所の終わりも同じように白い線に合わせ、「分割」をタップします。, そして、分割されたカットしたい部分を選択し、「削除」をタップすると、動画の途中をカットすることが可能です。, トランジションとは、動画と動画の切り替わりで違和感がなくなるようにするエフェクトのひとつです。, 動画と動画の間にはそれぞれ「|(縦線)」があり、トランジションを設定したい箇所の「|」を選択すると、黄色い線で囲まれます。, テキストを挿入したい動画を選択し、赤まるで囲った「T(テキスト)」をタップします。, テキストの種類が、画面下部に表示されるので、好みのデザインを選択し、テキストを打ち込みます。, あわせて、テキストの位置も中央と下の2か所から選べるので、好みのものを選択しましょう。, 取り込む素材の保存先を選択する画面に移るので、今回はサウンドの素材が保存されている「オーディオ」を選択します。, iMovieにもとから用意されているサウンドと、iPhoneに保存されているサウンドを選ぶことができます。, 各サウンドの右にあるダウンロードのマークをクリックすると、ダウンロードが開始され、完了後にサウンドの選択ができるようになります。, サウンドの選択画面(ひとつ前の画面)でサウンドを選択すると表れる右側の「+」をクリックすると、上記の画面に切り替わり、BGMが挿入されます。, 編集が終わったら最後に仕上げとしてプロジェクト設定も可能です。(しなくても問題ありません。), あなたの好みに応じて、操作してみてくださいね。      全体がみえるようになりました。      第二のトリッキーな点は、クリップがビヨーンて伸びてるからです。クリップを4つ取り込んだのに、なんかビヨーンていう長いのがあるだけで、わけがわからないんです。, わかると簡単なのですが、動画データであるはずのものを、時系列に並んだ静止画の連続として表現してるんですね。    これだと、4つのクリップが素材として取り込まれていることが一目瞭然です。, さてここからは、実際に動画を取り込んで、編集して、書き出してみることにします。      その点は改善されていて、1つのクリップに字幕を2種類設定し、どれをどの部分に、何秒間表示するというのも設定できるようになっています。     iMovieは使い方がまったく分からなくて、これまでやる気が出なかったんですが、久しぶりに開いてみたら少し使いやすくなってるような気がしました。      動画から動画をつくるだけでなく、動画に音楽ファイルを重ねたり、静止画と音声の組み合わせで動画にしたりもするわけですが、今日は措いておきましょう。  ただ、昔は字幕のフェードイン/アウトが調節できたのですが、去年ぐらいにその機能は削られたようです。 しかも、ディゾルブ(写真が消えていって切り替わるやつ)をかけてると、始点終点をもう一度見えるようにしてから設定し直さなくちゃいけない。。, その点iMovieだと、写真の始点終点のサイズと位置を視覚的に修正すればよくて、しかも尺を変えるのもディゾルブつけたままいじれるから相当作業が早まります。  で、このマークのところを右クリックして、詳細編集(Precision Editor)というのを開いてみます。 黒くなったサムネールでも設定情報やファイル名は表示されます。, 3.Finderでプロジェクトファイル(.imovielibrary)を右クリック>「パッケージの内容を表示」し、「Original Media」の中から「1」でメモったファイルを探します。  上のところで、フォントを選んだりします。      イベントにプロジェクトが立ち上がりました。ただしプロジェクト内にはまだ何も取り込んでいないので、画面下部のプロジェクト内容欄は空欄になっています。   ここまでくれば後は普通の再リンクでリンク貼り直せばOKです。  まず、何がどこにどう入っているのかを理解するには、画面左部のフォルダ一覧みたいなツリーを見るのがいいですね。, まずこのツリーで表されているものの全体は、「ライブラリ」と呼ばれています。これはiPhotoのライブラリとか、iTunesのライブラリとかいう言い方もあるので、すんなり理解できますね。ライブラリが複数ということもあり得ますが、まぁ普通は1個だと思ってください。    なお、私は言語設定を英語にしているので、画像は英語設定になってますが、本文中ではなるべく日本語での機能名称を使い、括弧内に英語機能名称を書いておきました。「予告編(Trailer)」みたいな感じです。, 画面はあとで説明するとして、とりあえず「概念」の整理をしておきます。   |  昔のバージョンでも1回やったことありましたが、とてもむずかしかった。以前は確か、プロジェクト内の1つのクリップに1つの字幕しか貼れなかったので*8、仕方なくクリップを細かく分割してそれぞれに1つずつ字幕を割り当てていきました。      トランジションの効果はクロスディゾルブ以外にも存在していて、それは左のほうのメニューから選択します。  この「プロジェクト」というのは、その中身をみれば、「クリップ」の連続体として成り立っています。クリップというのはそのまんま、ひとまとまりの動画のことを指しています。注意点としては、まずイベント内に素材として取り込まれた「クリップ」がある一方で、それが同じイベント内*4の「プロジェクト」に編集対象として取り込まれるんですけど、このとき素材としてのクリップは消えたり変形したりしまうわけではなく、コピーされている*5ようなイメージだってことです。    一応確認しておくと、プロジェクトはイベント内に複数設けることもできます。    範囲を指定した上で、いろいろ加工メニューがあるわけですね。   こんにちは。   おかえり!「?」マーク!(画像はまだ表示されてませんが。。)        私の使ってるバージョンは「iMovie 10.0.6」です。2013年にiMovie10.0が出て、けっこう大幅に変わったみたいですね*1。プロジェクトを編集する欄とイベントを管理する欄も上下逆になったりしています。 素材位置を変えただけというわけではないので、俗に言う「リンク切れ」というのとはちょっと違います。, iMovieを仕事で使うときは、プロジェクトファイル(iMovieでいうところのライブラリですかね。「.imovielibrary」の拡張子のやつ)はそれぞれ使い分けるようにしています。            大事なことはいくつかありますが、まず、全ては「イベント」という容れ物から出発するということです。イベントの中に、「素材としてのクリップ」と「作業としてのプロジェクト」が入っていて、プロジェクトの中には素材からコピー*3された「編集対象としてのクリップ」が入っている。    そこでとりあえず、最初にこれだけ覚えればiMovie使い始められると思うよってポイントをメモしておくことにしました。  イベントも役割としてはフォルダみたいなもので、その中には、先ほどから言ってるように「プロジェクト」または「クリップ」、あるいはその両方がまとめられてます。*6, ツリーのところでイベント名の横にカチンコのマークがついてるやつは、現在右側の画面下部(プロジェクト欄)に表示されているプロジェクトが属しているイベントを意味しています.  凝ろうと思ったらいろいろあるわけで、音楽を合成したり、静止画+音楽からつくった映像をまぜたりといった技も、たとえば結婚式のおめでとうムービーなんかの際には必要になるわけですが、普段撮りであれば上のこの3つができればOKだと思います。, で、そういうちょっとした動画編集をするために「iMovie」というApple純正ソフトであるわけですが*2、これが初めて使う人にとっては全くわかりやすくない!    忘れないように、使い方をメモっておきます。とくに、「初めて使うときにわけが分からなくて困るポイント」に注意しながら。, 最近、どこかに遊びにいった時の記録とかについても、写真よりは短いムービーをたくさんとったほうが雰囲気が伝わって断然いいという気がけっこうしています。今のiPhoneは動画も凄まじい品質で撮れるので、ビデオカメラなんかもはやいらなくて、動画をバンバン撮ることができる。     優秀なプロは仕事の内容によってソフトを使い分けるのですよ。    しかしやっぱり見やすい動画にするには、最低限、切ったりつないだりといった加工が必要です。そこで、サクッとカンタンに動画を編集できるようになっておく必要はあります。  まず第一に、たとえばこういうふうに、メイン画面というか、操作領域が、3分割じゃなくて2分割のときもあったりするということです。, ネット上の解説を読むとだいたい3分割になっているので、2分割だといま自分の手元のiMovieがどういう状態なのか分からずイライラしますが、こういうことです。  まずこれが初期状態です。何よりもまず、編集の元になる動画を取り込まなければならないので、上の「読み込む」(Import)ってところをクリックします。(下のところにドラッグしてもいいですが。), ところで、「メディアを読み込む」(Import Media)って書いてあるんですが、なんで「動画を」じゃなくて「メディアを」なのかというと、画像や音楽を動画の素材として取り込むこともあるからです。そのへんは後々覚えればいい。  Highでも相当重いんですが、Proにすると数分程度の動画がいきなりGB単位になります。, 完成した動画は一応アップしておきました。 タイムラインの方を見ると、写真に加えた位置・拡大・色調整の設定はそのまま残っているようなのですが、こちらも真っ黒の画像。, 慌てて移動前のHDDをつないで問題なかったはずのプロジェクトを開いても同じ! (編集室・収録スタジオ完備).   iMovieは難しい! iMovieは使い方がまったく分からなくて、これまでやる気が出なかったんですが、久しぶりに開いてみたら少し使いやすくなってるような気がしました。 私の使ってるバージョンは「iMovie 10.0.6」です。2013年にiMovie10.0が出て、けっこう大幅に変わったみたいですね*1。  プロジェクト内のクリップを右クリックすると、クロスディゾルブってのがありますね。 iPhone11が発売され、カメラ機能の性能も上がったこともあり、動画を撮影する方が多くなったのではないでしょうか。, せっかく動画に収めたのであれば、思い出をふり返られるように編集してみるのはどうでしょう。   Copyright© Somethingfun Inc. All rights reserved.       左のツリーはiMovie内のライブラリの全体像をみるところで、真ん中上部には選択しているイベントの中身が一覧で表示されます。ここに、プロジェクトとクリップが並んでいます。

Smith Âーグル 20 21 4, Cx30 Âート ɚ間 24, Lr2 Ãルスクリーン ɻ枠 6, Vaio A12 ĸ具合 4, lj乳 Âラムチャウダー Áさりなし 9, 2歳 Ŀ育園 Ɩ金 4, Âリジナル Ņ弟 Ľ調不良 Pixiv 10, Lj Á背中 ə格 13, Ãイフ Ãラマ 4話 18, Ãワーディレクター ɟ声波形 Áない 52, Fire Hd 6 Sdカード 11, Âルミナカラー Ãイライト Ãンズ 7, Xp ȵ動ディスク Usb 8, Sier Ɩ卒 Ɩ系 12, Vscode Python Import Error 8, Ǥ員 Ãイト Ɓ愛 4, Âャットアイ Âトラーダ Ȩ定 4, ŭ供 ɝ下 Áるぶし 4, Âバ缶 ő噌汁 Nhk 4, ɖジャニ∞ Myself Mp3 5, Best Best Best Ãリーグッドマン Rar 6, Áだ君に晴れ ƭ詞 Áりがな 16, Castelli Perfetto Ãスト 4, Bring Back A Ƅ味 5, Áちわ Ƀ送 Ɗり曲げ厳禁 5, Uipath Ť数 Âピー 11, Ŝ木工事標準単価 Ƨ造物 Áりこわし 10, Ņ彼 Ɓみ ƶえない 9, 35 ƭ Ãァッション通販 5, ĸ ɡ Ľ育祭 ɫ型 6, Âクリプス Ãィルムアンテナ ņ利用 9, ƨ試 Ɂ去問 ƕ学 9, Ãイクラ Ůの地図 Ľ用済み 17,

Leave a Comment

Het e-mailadres wordt niet gepubliceerd. Vereiste velden zijn gemarkeerd met *